「雑感」カテゴリーアーカイブ

稽古・その他伝えたい事

空手道憲章

空手道は、沖縄においてわが国独自の徒手空拳の武術として発展し、国内に普及する過程において、日本古来の武道の精神を継承しながら、術から道に発展したわが国固有の武道である。

かつて武道は、武技の習得、技の練磨のみならず、心技一如の教えに従い、礼を修め、心身を鍛える修行道・鍛錬法として発展してきた。

このような武道の伝統精神は空手道の中にも継承され、空手道を学ぶ多くの日本人の人格形成に少なからざる役割を果たしている。

また、いまや空手道は、国内はもとより世界各国に普及し、国際交流を通じて世界平和の実現、健全で有為な青少年の育成等に多大の貢献をしている。

我々はたんなる技術の習得のみに偏らず、武道の精神を基とする空手道の真髄を忘れることなく、高い倫理観をもって日本の伝統文化の維持・発展に寄与するとともに、日本国民として礼と節を重んじ、社会のルールを守り、社会に貢献し、社会から尊敬される有為な人材の育成に努力しなければならない。

ここに、空手道の更なる発展を期し、基本的な指針を掲げて「財団法人全日本空手道連盟空手道憲章」とする。

第一条(目的)
空手道は、日々の心身の練磨を通じて強靭な身体を鍛え、人格を陶冶し、心身ともに有為な人物を育成することを目的とする。
第二条(心構え)
空手道の修行を志す者は、空手道の品位と威厳を保つため、礼節、正義感、道徳心、克己、勇気からなる資質(倫理的規範)の涵養に努めなければならない。
第三条(稽古)
稽古に当たっては、「礼に始まり礼に終わる」の教えに従い、基本を重視し、技の習熟に応じた心技体の融和を求めて修練する。
第四条(競技)
競技や演武に臨んでは、平素練磨した心技体の成果を遺憾なく発揮する。組手競技においては安全に留意し、ルールを遵守し、勝敗にのみ固執することなく、常に節度有る態度を堅持する。
第五条(稽古場)
稽古場(道場、体育館等)は、心身の修養の場であることを忘れず、礼儀作法を守り、厳正な規律を維持するとともに、静粛・清潔・安全な環境の維持に努める。
第六条(指導・普及)
指導者は、常に高い倫理観をもって人格を磨くとともに、技術の研究・心身の練磨に励み、常に指導者に相応しい人格者で、社会から尊敬される人でなければならない。
また、指導に当たっては、指導者と指導を受ける者が敬愛の情に溢れる節度ある師弟関係を構築するとともに、厳しい修行と安全管理の調和に努めなければならない。
普及に当たっては、性別、年齢や障がいの有無にかかわらず、技術主体の普及に偏ることなく、自己責任やフェアプレーの精神を身につけ、他人に対する思いやりと優しさを持ち、常に社会のルール(規範)を遵守し、高い倫理観を身につけ、社会から尊敬される人材の育成に努める。

こども空手道からてどう憲章

からてどうは、沖縄おきなわにおいてわがくに独自どくじ武術ぶじゅつとして発展はってんし、国内こくないにおいて普及ふきゅうしていくなかで、礼節れいせつおもんじる日本にほん古来こらい武道ぶどう精神せいしんけつぎながら、武術ぶじゅつから武道ぶどうへと発展はってんしたわがくに固有こゆう武道ぶどうです。

かつて武道ぶどうは、武技ぶぎ習得しゅうとくわざ練磨れんまだけでなく、礼節れいせつにつけ、心身しんしんきたえる修行しゅぎょう方法ほうほうとして発展はってんしてきました。

このような武道ぶどう伝統でんとう精神せいしん空手道からてどうにもがれ、空手道からてどうまなおおくの日本にほんのこどもたちを、立派りっぱ人格じんかくをもった青少年せいしょうねん成長せいちょうさせるためにおおきな役割やくわりをはたしています。

またいまでは空手道からてどうは、世界せかい各国かっこく普及ふきゅうし、国際こくさい交流こうりゅうつうじて世界せかい平和へいわ実現じつげん健全けんぜんなかやく青少年せいしょうねん育成いくせいなどにおおきな貢献こうけんをしています。

わたしたちは、たんなる技術ぎじゅつ習得しゅうとくのみにかたよらず、礼節れいせつおもんじる空手道からてどう精神せいしんただしく理解りかいし、このすばらしい日本にほん伝統でんとう文化ぶんか大切たいせつにしながら、空手道からてどう修行しゅぎょうつづけていくことが重要じゅうようです。
そして、日本にほん国民こくみんとしてはずかしくない礼儀れいぎ作法さほうにつけ、社会しゃかいルールるーるマナーまなーまもり、社会しゃかい人々ひとびとから尊敬そんけいされるような人格じんかく形成けいせい努力どりょくしなければなりません。

これからも空手道からてどう精神せいしんただしく理解りかいし、修行しゅぎょうつづけていくために、わたしたちがこころがけなくてはならないことを「こども空手道からてどう憲章けんしょう」としてかかげ、これをまもります。

第一条だいいちじょう目的もくてき
空手道からてどうは、日々ひび心身しんしん練磨れんまつうじて強靭きょうじんなからだをきたえ、人格じんかくみがき、心身しんしんともに立派りっぱ青少年せいしょうねん育成いくせいすることを目的もくてきとしています。
第二条だいにじょうこころがまえ)
空手道からてどう修行しゅぎょうをするひとは、空手道からてどう精神せいしんただしく理解りかいし、礼節れいせつ正義感せいぎかん道徳心どうとくしん克己こっき勇気ゆうきいつつの資質ししつにつけ、向上こうじょうさせるよう努力どりょくしなければなりません。
第三条だいさんじょう稽古けいこ
稽古けいこをするときは、先生せんせいおしえや礼儀れいぎまもり、基本きほん大切たいせつにして、わざだけではなく心技体しんぎたい向上こうじょう目指めざして修練しゅうれんはげみます。
第四条だいよんじょう競技きょうぎ
競技きょうぎ演武えんぶでは、ふだん練磨れんました心技体しんぎたい成果せいかしきってがんばります。組手くみてかた競技きょうぎではけや結果けっかだけにこだわらず、審判しんぱん指示しじルールるーるをよくまもり、つね節度せつどある真剣しんけん態度たいど競技きょうぎします。
第五条だいごじょう稽古場けいこば
稽古場けいこば道場どうじょう体育館たいいくかんなど)は、わざみがき、こころからだをきたえる場所ばしょであることをわすれず、礼儀作法れいぎさほうまもり、規律きりつたもつとともに、静粛せいしゅく清潔せいけつ安全あんぜん維持いじできるようこころがけます。
第六条だいろくじょう仲間なかま
稽古場けいこば仲間なかま大切たいせつにして、おたがいに協力きょうりょくし、はげましあいながらきびしい稽古けいこえ、たのしく修行しゅぎょうし、
さらにおおくの仲間なかまをつくります。稽古場けいこばでは自己責任じこせきにんフェアプレーふぇあぷれー精神せいしんにつけ、自分本位じぶんほんいにならず、仲間なかまたいするおもいやり、やさしさ、感謝かんしゃするこころやしない、ともに成長せいちょうすることが大切たいせつです。

公益こうえき財団法人ざいだんほうじん全日本ぜんにほん空手道からてどう連盟

指定形【 セイエンチン 】

第1指定形(糸東流) 【セイエンチン】『征遠鎮』

〔特徴〕

DSC_0255

セイエンチンは那覇手の系統の形であり、接近戦法が多く組み合わされ、蹴り技がなく、重厚な動きに特徴がある。演武線は左右対をなし、同一の動作が多く、呼吸と動作の緩急が一致している。

指定形【 バッサイ大 】

第1指定形(糸東流) 【バッサイ大】『抜塞大(抜砦大)』

〔特徴〕

DSC_0252バッサイ・(大)は首里手の系統の形であり、基本技が集約され、攻防技の動作が連続的に組み合わされている。軽快な動きのなかに、技の切り返し、強弱の使い方、敏速な極め技等の流れが求められる。

指定形【 マツムラローハイ 】

第2指定形(糸東流) 【マツムラローハイ】『松村鷺牌』

〔特徴〕

DSC_0257

この形は、鷺足立ちによる蹴りのさばき、開手による中段、下段の流し受け、相手の突きを巻き込んでの投技等に特徴がある。連続する技をダイナミック、かつ、スピーディーに演武することが要求される。

指定形【 ニーパイポ 】

第2指定形(糸東流) 【ニーパイポ】『二十八歩』

〔特徴〕

DSC_0260

この形は、中国拳法の流れを汲むものであり。身体の屈伸や円運動等による体捌き、受けからの肘固め、双手突き、一本拳の突き等の技法に特徴がある。
これらの攻防の技を敏捷に、また緩急の動作をリズミカルに演武することが要求される。

 

 

指定形【 サイファ 】

第1指定形(剛柔流) 【サイファ】『砕破』

 

〔特徴〕

DSC_0266

サイファは短い形であるが立ち方の種類が多くまた剛柔流の特徴のある技が多く含まれている。各立ち方の正確さと移動のスムースさが求められ手技とのバランスが大切である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

指定形【 セイパイ 】

 

第1指定形(剛柔流) 【セイパイ】『十八手』

〔特徴〕      

unnamed

セイパイは逆技・投げ技など接近戦での護身術として効果的な技が多い。特に巧妙な円の動きが特徴である。攻防技が一連になっていて緩急の動作をリズミカルにすることが求められる。

 

 

 

 

 

指定形【 セイサン 】

第2指定形(剛柔流) 【セイサン】『十三手』

〔特徴〕

DSC_0270この形は、実践的、護身的な技の体系と鍛錬動作、剛と柔、動と静が巧みに調和されている形である。
豪快な突き、蹴りと素早いすり足、蛇のように相手の腕に巻きついての掴み技など変化に富んだ技が含まれている。喉に対する攻撃、開掌による連続受け、蹴りからの連続手技、前蹴りから踵落としと、連続技に富んでいる形である。